自動車大好き!!

過去所有/乗ってみたい車/現在所有の車まで・・・・・・・・

BMW X6M

BMW X6M
 
 
X5MとX6Mは、『M3』や『M5』などを開発するBMW M社が、『X6』に世界最速SUVにふさわしい高性能を与えたモデル。エンジンは X6や『7シリーズ』に用意される4.4リットルV8ツインターボがベース。
2個のターボチャージャーは最大過給圧1.5バールの専用ツインスクロールタイプに換装され、特許技術のエグゾーストマニホールド、CCM(コンプレヘンシブマニホールド)を採用。鋭いアクセルレスポンスやリニアなパワー、フラットなトルク特性を実現する。

ターボチャージャーは、V8エンジンのバンク中央に配置。排圧のロスを低減し、燃料の供給をスムーズに行う。インタークーラーは水冷と空冷の2種類の冷却システムを持ち、アルミ製オイルサンプも導入された。

これらの専用チューンの結果、X6Mは最大出力555ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5650rpmを発生。X6の「Xドラ イブ50i」グレードと比較すると、148ps、8.1kgmもパワフルだ。さらに、『M5』や『M6』の5.0リットルV10(507ps、 53kgm)さえも上回る、M史上最強のスペックを獲得した。

動力性能は超刺激的。0-100km/h加速は4.7秒とM5と同数値。最高速は250km/h(リミッター作動)だが、リミッターを解除すると 275km/hに到達する。4.7秒の0-100km/h加速は、ポルシェ『カイエン』の最強グレード「ターボS」の4.8秒を上回り、まさに世界最速 SUVである。

もちろん、サスペンションやブレーキも強化。4WDシステムの「Xドライブ」にも専用チューンが施される。内外装もMモデルにふさわしいスポーティな装備が盛り込まれた。
 
グレード X6M_LHD_4WD(AT_4.4)
型式 ABA-GZ44
   
車歴 2010/01~2013/06
広告を非表示にする